【最新版】1円でも高く買取してもらえる不動産買取業者の選び方

「不動産を売りたいけど、どうすれば高く買い取ってもらえるんだろう…」

「おすすめの不動産買取業者が知りたい!」

「そもそも不動産の買取と仲介の違いって何?」

本記事にたどり着いたということは、きっとこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。

本記事では1円でも高く不動産を買い取ってもらうための方法をご紹介します。一生で一度かもしれない不動産の売買で後悔したくない人は最後までお読みください。

    どこよりも高く不動産が売れるか
    相談しませんか
    1分で無料診断
    しつこい営業はいたしません

    1. STEP1
    2. STEP2
    1. 物件種別
    2. 査定物件所在地
    1. 選択してください

    次へ

    お名前


    メールアドレス



    電話番号



    戻る

    記事の監修者

    株式会社サプライズコンシェルジュ代表取締役 沖祐生

    株式会社サプライズコンシェルジュ 代表取締役

    沖 祐生

    不動産売買仲介・不動産買取歴10年以上
    大手不動産会社で売買仲介営業(不動産売買取引100件以上)→不動産テック上場企業の名古屋支社立ち上げ・不動産屋約200社のCS担当→不動産売却マッチングサービス「いえうるん」リリース

    資格宅地建物取引士

    事業許認可宅地建物取引業 愛知県知事(1)第24918号

    記事の監修者(顧問弁護士)

    星ヶ丘法律事務 宮城佳典

    星ヶ丘法律事務所顧問弁護士

    宮城 佳典

    ■プロフィール
    平成16年北海道大学法学部卒業 平成20年名古屋大学法科大学院卒業 平成24年弁護士登録 名古屋市内の法律事務所で勤務 平成31年星ヶ丘法律事務所開設

    資格弁護士

    不動産買取業者とは

    「不動産」というとスケールが大きくイメージしにくいかもしれないので、車の中古者販売業者を想像してみると良いでしょう。

    不動産買取業者も同じで、中古の家を下取り価格で買取りをして再販売して利益を出しています。

    不動産を売るためには、不動産会社に「買取」をしてもらう、もしくは「仲介」してもらう必要がありますが、仲介をするためには買主さんを探す手前があります。

    それに比べ不動産買取業者は不動産を一度買い取ってから業者が新しい買主を探すので仲介と比べて買主を探す手間が省け、すぐに売却することができます。

    しかし、先ほど例にあげた中古車販売を想像してみてください。

    業者に買い取ってもらうよりも車を欲しがっている友人に売ったほうが高く売れる気がしませんか?

    これは不動産買取でも同じことが言えて、不動産買取は早く売れるかわりに仲介よりも売却価格が安くなってしまうのが一般的です。

    不動産を売るときは買取と仲介それぞれの特徴を理解し、メリットやデメリットをしっかり把握しておきましょう。

    不動産買取業者の特徴

    まずは不動産買取業者の特徴をメリットとデメリットに分けて紹介していきます。

    不動産買取業者のメリット

    不動産買取業者を利用するメリットは大きくわけて5つあります。

    • 現金化するまでが早い

    不動産買取業者を利用する場合、業者から提示された価格で納得ができればその時点で契約成立です。早ければ3日程度で売ることもできたりします。

    もし、仲介を依頼した場合は新しい買主を探すのに3ヶ月や1年、さらにはそれ以上の期間がかかることも当たり前のようにありますので早急に現金化したい場合や早く売らなければならない理由があるときはとても便利です。

    • 仲介手数料がかからない

    不動産を買取ではなく仲介で売却する場合は仲介手数料が発生します。

    基本的に仲介手数料は売値の3%+6万円程です。厳密に言うとそれに消費税がかかってくるので、仮に3000万円の物件を仲介しようと思ったら、(3000×3%+6万円)×消費税となり約100万円もの手数料が発生します。

    • 物件の状態が悪くても売れる

    買取の場合、築年数が古くて部屋がボロボロであっても業者がリフォームを入れて再販したりするので状態が悪くても問題ありません。

    解体が必要そうな物件であっても業者が購入してから解体するので手間がかからずとても気楽です。

    • 買主からのクレームがない

    不動産買取業者に一度物件を売ってしまえば、その物件の所有権は業者のものとなるので、新しい買主に渡っても物件に対するクレーム等が自分のところにくる心配はありません。

    不動産の売買では、売主に債務不履行の責任があります。

    仲介の場合、たとえ自分が把握していなくても物件にシロアリ被害にあっていたり雨漏りがしていたりしたことが判明すると売主が補修しなければなりません。

    それが原因で契約を解消されることもありますが、買取であればこのような余計なトラブルをさけることができます。

    • 近所の人に気付かれず売却できる

    物件を売却することを周りに知られたくないという人も多くいらっしゃいますが、そのような場合も買取はおすすめです。

    仲介では業者が訪問してきて査定をじっくりおこなったり、買主探しのため物件のチラシを配ったりしてどうしても近所の人に知られがちです。

    それに比べ、買取は業者がリフォームすることも前提としているため、部屋の写真のみで契約までできてしまうこともあります。

    スピーディにサッと手放せるのは不動産買取業者の大きなメリットです。

    不動産買取業者のデメリット

    ここまで不動産買取業者のメリットを紹介してきましたが、デメリットもありますのでしっかり把握しておきましょう。

    不動産買取業者のデメリットはやはり売却の価格が安いことです。

    買取を依頼した際の売却価格は、市場価格の1〜3割減と言われています。仲介では3000万円で売れそうな物件がおよそ2100〜2700万円くらいになるということです。

    また、リフォームが必要そうな物件はそのリフォーム費用も加味して業者が買取価格を提示するので、より安くなってしまいます。

    ただ、買取価格はぶっちゃけ業者によって全然違うのです。2社の買取業者A社とB社で査定してもらっても数百万円価格が変わってきたりします。

    そのため買取をしてもらう場合は複数の業者に査定してもらうことが重要です。


    入力完了まで最短60秒の無料査定

    サービス紹介はこちらら

    お電話での無料相談も受け付けております
    電話番号 0120-83-6440

    不動産仲介業者の特徴

    ここまで不動産買取業者の特徴をメリット、デメリットにわけて紹介してきました。

    仲介の方がいいかもしれないと思っている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここからは不動産仲介業者のメリットとデメリットを紹介していきます。

    不動産仲介業者のメリット

    不動産仲介業者のメリットは大きく分けて2つあります。

    • 買取に比べて高値で売れる

    不動産の買取ではリフォーム費用や販促活動のための費用が引かれるため安くなりますが、不動産仲介業者を利用した場合はそれらがかからないため買取に比べて高額で売ることができます。

    また、不動産仲介業者の利益は仲介手数料です。

    仲介手数料は物件の価格によって多少異なりますが、基本的には(売値の3%+6万円)×消費税と定められているため、できるだけ利益をあげようと高額で売れるよう頑張ってくれます。

    • 物件の適正価格が分かる

    物件の価格というのは相場が決まっています。

    安く売ることはいくらでもできますが、高値で売ろうと思っても限度があるのです。

    不動産仲介業者は相場を熟知していますので、仲介をする際は「チャレンジ価格」「適正価格」「妥協価格」といったように設定し、最初は価格を高くして売り始め、売れなかったらだんだん安くしていくというというのが一般的です。

    不動産仲介業者のデメリット

    不動産仲介業者を利用するデメリットは大きく分けて3つです。

    • 時間がかかるケースがほとんど

    不動産仲介業者を利用する場合、ほとんどの場合は時間がかかります。

    立地がよく築浅の綺麗な物件であればすぐに買主が見つかることもありますが、築年数が古く立地も芳しくないとあれば1年以上売れないということもザラにあります。

    また、買主が見つかり契約を結ぶできたとしてもそこからローンの審査であったり、様々な手続きをしなければなりません。

    買主が見つかっても実際に受け渡しの手続きが完了するまで早くても1ヶ月、長ければ1年程かかることがあるので、不動産仲介はとても手間が多いです。

    • 契約不適合責任を負わなければならない

    契約不適合責任とは、簡単に言えばその物件の欠陥に対する補償をおこうなう義務です。

    たとえば床下が腐っていたり、雨漏りがあったりした場合、買主は1年間その補償を受けることができます。

    思わぬトラブルがあって数十万、数百万円もの補償をしなければならないかもしれないので不動産仲介業者を利用するときは欠陥がないことをしっかり確認しておきましょう。

    • 媒介契約の縛りがある

    媒介契約とは、売主と不動産仲介業者の間で結ばれる契約です。

    媒介契約は「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類ありますが、内容によっては複数の不動産仲介業者に同時に売却の依頼をすることができなくなります。

    これら媒介契約の違いを簡単にいうと、不動産仲介業者を1社に絞り込んで早く売却できるよう販促活動してもらうか、複数社に依頼して販促活動はせずに気長に買主さんが現れるのを待つかというような感じです。

    このような形で不動産仲介業者を利用する際は媒介契約による縛りがあるのも早く売りたい方にとってはデメリットとなってくるでしょう。


    入力完了まで最短60秒の無料査定

    サービス紹介はこちらら

    お電話での無料相談も受け付けております
    電話番号 0120-83-6440

    不動産を1円でも高く買取してもらう方法

    ここまで不動産買取業者と仲介業者の違いを紹介してきました。

    できることならなるべく高値で早く買取してくれる業者を見つけたいですよね。ここからは不動産を1円でも高く買い取ってもらう方法を紹介します。

    複数の不動産買取業者に査定してもらおう

    不動産を買取して欲しいときは複数の不動産買取業者に査定依頼してもらうことが最も重要です。

    仲介での査定額はどの業者に依頼しても価格はほとんど変わりません。

    しかし、買取になってくると業者によって査定額が大きく変わることがあるため、面倒だからといって1社に絞りこむと安すぎる価格で売ってしまい後悔します。

    不動産買取業社はできるだけ安く買取したいと思っているので、しっかり複数社に査定依頼をし、交渉の際は「A社では〇〇円でした」などはっきりと伝えましょう。

    そうすることで本当に買取できる価格ギリギリで売却することができるはずです。

    不動産買取の査定方法

    「じゃあ実際どうやって優良な不動産買取業者を探せばいいの…?」

    現在はインターネットで一気に複数の業者に依頼できる不動産の一括査定サイトなどがありすが、これを使うことはおすすめとは言えません。

    一括査定サイトでは、自分で入力した物件情報を不動産業者に流しているだけなのでその場で不動産の価格を知ることができるというものではないのです。

    また、一括査定サイトを使うと電話番号やメールアドレスのような個人情報が不動産業者に流れるので電話が鳴り止まなくなります。

    その中には優良な不動産業者はあったりしますが、ストレスがめちゃくちゃ溜まります。

    いえうるんでは不動産買取・売却に関する相談を受け付けております。

    どうすれば優良な業者を手軽に探すことができるのか、少しでも不動産を高く買取してもらうためにはどうすればいいかなど、宅地建物取引士の資格を持ったプロが相談をお受けいたしますので、安心して気軽にご連絡ください。

    まとめ

    今回は不動産買取業者とはなにか、買取業者と仲介業者の特徴を分けて紹介してきました。

    早急に、そしてできれば高額に不動産を買取してもらいたいという場合は複数の不動産買取業者に査定依頼するのがベストです。

    いつでもいいから納得できる価格だったら売却しようかなと考えている人は不動産仲介業者に依頼するのがよいでしょう。


    入力完了まで最短60秒の無料査定

    サービス紹介はこちらら

    お電話での無料相談も受け付けております
    電話番号 0120-83-6440

    利益還元型の
    不動産買取・売却サービス

    • twitter
    • facebook
    • はてなブックマーク